小さな灯のあるところ。1room coffeeさんへ行ってきた。

今日は民藝ではありませんが、好きなお店のことを。

月に一回、娘を両親に見ていてもらって、あんまさんに通っています。毎日の抱っこやら育児で、寝られなくなるほど体の歪みから来る痛みを感じることがあるので、欠かせないメンテナンスです。

そんなあんまさんのある中板橋に、私のお気に入りのカフェがあります。

ブログでもたびたびカフェが登場するように、結婚する前からカフェ大好き。自分の好みのカフェにはなんとなく勘が働くようになりました。

娘を出産して1ヶ月経ち、やっとの事であんまさんに行き、まだ慣れない育児で心はヘトヘト、だけど授乳のためにすぐに帰らなければ(今思えば両親に預けて出かけられただけものすごく助かったけれど、いっぱいいっぱいでした)…でも旦那さんも居ないし、このままだとパンクしそう…そんなことを思いながらフラフラと中板橋の駅へ向かう途中、一目見てピーンときたカフェ。それが 1room coffeeさんとの出会いでした。

ああ、電車に乗るまであと15分、そう思いながらドアを開けると、こじんまりとして、限りなく優しくて、でもちょっとモダンで、なのにどことなく懐かしくてホッとする、幼馴染の家に来たような空気。そして出してもらったラテアートのが美しく、この上なく美味しいカフェラテに、「まぁ、ちょっと肩の力ぬきなよ」と優しく言われたような気がして、とても救われたのでした。

それから何回か訪れ、店長さんの気遣いや、いつも美味しいコーヒーと(授乳中なのでなんとなくカフェラテばかりたのんでいますが絶品)完全にノックアウト。密かにファンになって居たのでした。

最初に行った時の帰りの電車で、お店の名前を検索すると、びっくりするほど人気店でした。なのにいつもどのお客さんにも丁寧で、カウンターの中でくるくると踊るように小気味好く動いてる店長さんと、コーヒーをのんでホッと一息ついて、ふんわりゆるんだお客さんたちの雰囲気が、お店全体を心地よくしているのをいつも感じて居ます。

毎回タイムリミット(娘の授乳中の間)があるので、ゆーっくり、まーったりはできませんが、今回ありがたいことにモーニングセットを食すことができました。

そして店長さんともお話しさせていただくことができ、楽しい時間を過ごすことができましたよ。

モーニングセットA。一見、シンプルすぎるほどシンプルなのですが、ハムサンドを一口食べて衝撃が走りました。

ハム自体もなんだこれ!!くらい美味しいのですが、それにこれほどまでにぴったり来るパンがあるのか!!とおもうほどサクッときて、ふんわりとした甘さのあるパン。(雑司が谷のうぐいすと穀雨さんのものだそう)

クリームチーズもおいしいし、マーマレードも、バターも、全て美味しい。マーマレードなんて甘さ控えめなのに華やかな存在感があり、余ったのをそのまま食べてしまいました。どシンプルなものだからこそ、素材と焼き加減も絶妙で、食べれば食べるほど、幸せ~!!と感じる不思議なサンドイッチでした。直球勝負なのに、とても繊細で見事な調和。

それぞれを探し出してきて、組み合わせを考えた店長さんのなんといいますか、ただならぬ情熱を感じました。(表向きはさらっとして居て見えないけれど、実はすごく手間がかかっている感じ)

カフェラテもいつもおいしい…あっという間に完食。

そしてメニューの片隅にのっていて、パッと見気がつかなかったのですが、念願の期間限定コーヒーゼリーもいただきました。

クリームと、これまたシンプルなゼリーと、コーヒーソースが、なんじゃこりゃあ!!な逸品。時間がなくてがっついて食べてしまいましたが、とてもとても美味しかったです。ごちそうさまでした。

こうして体も心も満たされて、電車に揺られて帰宅。ふと頭に浮かんだのは「命の洗濯」という言葉。

育児をしていて良く思うのですが、パンクしそうになった時に、駆けこめる場所を持っておくというのはとても大切なことなのでは無いかと思います。

そこに行けばまたゼロベースに戻れるような。小さな灯りのあるところ。

私にとってそれは民藝のお店であったり、カフェであったり。

とても貴重でたからものです。

今日はやっと店長さんとお話しできて、知っているお店の方たちが繋がっているのを知ってびっくりしたり、いろいろ聞くことができてとても楽しかったです。

そして、快くブログの掲載許可をいただくことができました。あ~掲載許可を伺うのはは毎回ドキドキするんですけどね。

本当に素敵なカフェなので、東京に行かれた際はぜひ、ちょっと足を伸ばして行ってみると、きっと命の洗濯ができますよ。

そうして私は家に帰り、留守番してくれていた両親と娘にお礼を言って、また子育てがんばろ~と思うのでした。

ニコニコの顔の私を見て、娘もニコニコしてくれて、私も嬉しいと、娘も嬉しいということを実感できた素敵な1日。

そうして今度は娘と旦那さんも連れて、伺いたいな~なんて思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA