お食い初め

娘さん、あっという間に生まれて100日目!ということでお食い初めを行いました。

食べ物大好き一家としては、お食い初めは大事!ということで、お食い初めレポート。

お宮参りでいただいた歯固めの石、そして 焼き物(鯛の塩焼き)、煮物(筑前煮)、香の物(キュウリの酢漬け)、吸い物(はまぐり)、赤飯、そしておまけに卵焼きを作りました。

鯛は近所のスーパーで予約したのですが、りっぱな真鯛を仕入れてくださいました。

写真写りも考慮し笑 昼間にやることに。前日までに必要なものを買い出しして、朝から両親に娘を見てもらいながらせっせと作りましたよ。

ちなみに…鯛は塩焼きだと飽きるので(我が家は旦那さんが海外のため、大人三人プラス娘で行いました)こっそり三枚におろし、半分は鯛めし、湯引きでいただきました。また、お赤飯はちょうどお花見シーズンで出回っていたので、スーパーで買ってきちゃいました。充分美味しかったです。

大量に色々作ったため、その日の昼ごはん、夜ご飯がとても豪勢になりました。ありがとう娘よ。

お食い初めでは 初節句の時に用意した袴ロンパースを着用。とても可愛かったです。お花見でも着たし、おすすめ。

お店でやれば楽ですが、家でやっても楽しいし、娘がぐずっても気にならないし、のんびりできて良かったです。

何より安い…総額5500円くらいで大人3人の昼食、夕食になると思えば安い。

一口運ぶ真似をするごとに、うーやらまぁーやら、とても美味しそうにニコニコしている娘なのでした。

美味しいものたくさん食べようね!!

そして娘を妊娠している時に買っておいた仁城逸景さんのこども椀を使い、娘のファーストコップとして迎えた小谷眞三さんのコップでお食い初めができて、むふむふが止まらない私なのでした。

手仕事の良さを自然にわかるようになるといいなぁ。

そんな願いを込めたお食い初めなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA