読書の秋ならぬ冬。

12月に入り、朝晩冷え込むようになってきました。
仕事を辞め、アメリカに渡り、すぐに妊娠して帰国した、妊婦なわたくし。

仕事もないので、呑気なマタニティライフを送っています。

ただ!お仕事もないので、お買い物~とかしまくるわけにも、毎日スタバ~なんてするわけにもいかず…

家でゴロゴロするのもな~と思っていました。

そこで通っているのが、図書館。

古い本ばっかりかなと思っていたら、なんと今は本のリクエストもできて、ほかの地域の図書館から取り寄せまで可能。
時間はかかりますが、時間ならたくさんある!ということで大変お世話になりました。

また、お腹の赤ちゃんにたくさん絵本を読んであげたいな~と思っていたので、子供の頃に読んでもらった本や気になっていた本もたくさん借りて読み聞かせ。50冊ほど読み、生まれてからも読みたい本をリストアップしておいています。
実際に読むのが今から楽しみです。

他には…あまり文字が小さかったり、ぎっちりした文章は読みづらくなっているので(妊娠してから…なぜでしょう)軽めのエッセーやインテリア本、それから興味のある民藝の本を読み漁っています。

img_1861.jpg img_2208.jpg

おすすめの北欧本。もうね、見てるだけで癒されます。
北欧は日本と似ているところがあるよね というのは旦那さん談。義父母が北欧に住んでいたこともあり、北欧デザインは好きなんだそう。モニカさんの本は北欧のライフスタイルを、萩原さんの本は北欧のデザインをよく知ることができ、素敵です。

img_2212.jpg p1010348_640 p1010344_640

民藝関係の本たち。民藝の教科書シリーズは最高です!!とくに【かご・ざる】は最高。
全国のそれはそれは美しく力強いカゴがこれでもか!!と出ていますよ。

一番新しいのは【日本の手仕事をつなぐ旅】シリーズです。続きもわくわく。

住民税分は図書館がっつり利用させていただいています。
多読なので、帰国してから読んだ本は100冊弱。(絵本を入れたら150冊弱)

本を借りられるのは本当に助かります。ありがたい。

赤ちゃんが生まれたら忙しくなると思うので、今のうちに読んでおこうと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA