妊娠中の体重管理。

妊娠34週目に入り、すくすく成長中の私と赤ちゃん。健診では2334gと、順調に大きくなっていってくれています。

ホント日本に帰ってきてよかった~!!と思っております。アメリカで働いてくれている旦那さんと、受け入れてくれた両親に感謝。

あんなに体重が増えない!!と毎日泣き暮らしていたわけですが、ここでババンと体重の経過を発表します。
いつか、体重増えない…と不安になっている妊婦さんの励みになるといいな~と。

妊娠前の体重:37.65キロ→つわりで痩せて一番体重落ちた時の体重:35.83キロ(12週)→現在の体重:46.40キロ(34週)

です。元々太りにくい体質だったのもありますが、つわりが落ち着いてからなかなか体重が増えず、18週の時点では37.2キロ。この時点でお医者さんからは「もっと体重を増やすように!」とキツく言われていました。
なんでも、太りすぎより痩せすぎのほうが赤ちゃんの脳の発達に影響が出ると言われました。日本の健診の時に聞いてみたら、そんなことはないと言われましたが…やはりアメリカでは細い妊婦さんは少ないように思います。みんな恰幅が良い。そして日本人が少ない地域だったため、ドクターも細い妊婦さんを見慣れていないというのも大きかったのかな…。

とはいえ、日本でもBMI的には最低9キロの増量は必須。また12キロくらいまで増えてOKとのことでした。アメリカでは15キロくらい増えても何も言われなかっただろうと思います。

ただ体重管理なんて生まれてこの方やったことがなく、「どうしろと…?」と悩む日々。
そしてアメリカからの帰国を決意し、帰ってきてみると…いままで食べたいと思っていたものがすぐに安く手に入る!!と感動。三食きちんと食べ、旬のフルーツを食べ、焼き芋を買い、近所のパン屋さんで菓子パンを買い、プリンを買い、ポッキーなどの美味しすぎるお菓子を買い…という生活をしていたら順調に太りました。

p1010362_640 p1010211_640 p1010289_640

後期つわりが無かったのも良かったのだと思います。日本食美味しすぎて天国にいるような日々です。(アメリカにいたからこそ有難みが10倍くらいになっているのかも)どれもこれも美味しいのだもの!!

p1010181_640 p1010182_640 p1010079_640

あとは適度に運動して、よく寝て、という生活を送っています。妊婦さんが悩まされるという便秘にも幸い無縁です。急激な体重変化には気を付けてはいるため、浮腫みや尿糖も問題なく、おかげさまで貧血にもなっていません。(最後の血液検査で引っかかる気もしていますが、牛肉、海藻を多めに食べているというのもあるかも?サプリは苦手なので飲んでいません)

先日一時帰国した旦那さんが、お腹の大きさに目を丸くしていました。

アメリカで毎日体重が増えない、食べるものがないと泣いていた分、日本で順調に体重が増えて本当にほっとしています。

逆に体重が増加しすぎに対する管理や貧血の数値など、日本はシビアだなと思う面もちらほら。

毎回健診時にエコーを見られるなんて凄いな~とただただ感心。

そんな体重管理。産後もどうなるか気になりますが、出産も近づいてきたので体力をつけつつ過ごしたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA