【角館イタヤ工芸】 ぬくもり伝わる くるみかご。

p1010192_640

夏の一時帰国前に注文していた、角館イタヤ工芸のくるみかご。
記事にしたい!と思って早数か月。やっと写真を撮ることができました。

p1010193_640

今までカゴは、山葡萄、あけび、ラタンやラフィアを使っています。
沢胡桃は初めて。だけれども私がカゴに惹かれた最初は、くるみからだったのです。
それ以降、くるみのかごいいな~と思って数年。やっと「これだ!!」というカゴに出会うことが出来ました。

いつもお世話になっている「秋田蕗だより」さんの取り扱っている、角館イタヤ工芸さんのかごです。
実は以前、「民藝の教科書 かご・ざる」に角館イタヤ工芸の佐藤さんご夫妻と姪のあずささんが紹介されていて、
いいなぁ~くるみカゴ買うならここかな~と思っていたのです。

そんな折、秋田蕗だよりさんのショップを覗いていると…かわいらしいくるみのカゴが!!

何日か悩んで、うちに来てもらうことにしました。ちなみに二周年セールで大変お買い得だったというのもあります。

とどいたカゴは、ふんわりとくるみのいい匂いがして、灰色がかった表皮があたたかい感じ。取っ手の山葡萄もいいアクセントになっています。

かわいらしい山葡萄のチャームもすてきです。

少しずつ増えてきたカゴたち。割れることも、型崩れすることもない、最後は土に戻る。

触っているだけで落ち着く存在なのでした。

 

 

2 thoughts on “【角館イタヤ工芸】 ぬくもり伝わる くるみかご。

  • 2016年11月10日 at 10:40 AM
    Permalink

    秋田 蕗だより 庄司です。角館イタヤ工芸さんのくるみのかご、気に入っていただいてとても嬉しく思います。本庄あずささんが作ったチャームも似合っていますね。お気に入りの逸品として末永くお付き合いいただけましたら幸いです!

    Reply
    • 2016年11月11日 at 7:47 AM
      Permalink

      庄司さま コメントありがとうございます!私も素敵なカゴに出会えて嬉しいです たくさん使いますね。いよいよ今日から展示会ですね。様子楽しみにしています。急に寒くなりましたのでお身体にはくれぐれもお気をつけくださいね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA