パパママ学級三回目。母乳育児ってどうなの?

さて、先日パパママ学級三回目に行ってきました。
この回だけはママだけの参加の学級です。担当してくださるのは助産師さん。

今回のテーマは母乳育児について!!

これ気になっていたのですよね。どうしても母乳じゃなきゃ!という考えはないですし、今のところ赤ちゃんを預けて外出もできるようにミルクとの混合を考えているのですが、私のお世話になっているクリニックは母乳推奨。

はたして母乳出るのか?そもそも母乳で育てるメリットって??と思っていたので、興味津々でした。

まず、母乳のメリットをまとめておくと…

  • 免疫物質が母乳を通して赤ちゃんにいく
  • 母乳に含まれる栄養価はムラがあるため、赤ちゃんの消化に良い
  • 赤ちゃんの脳の発達を手助けする(哺乳瓶よりも顎や舌を複雑に動かすため)
  • オキシトシンの分泌によって、母体の子宮などの回復をはやめる
  • 愛情がわく

だそうです。また、経産婦さんたち曰く、自分の身一つで外出できるのが良いところ!というのもありました。

ただもちろんデメリットもあります。

  • 上手く吸わせられないと乳首が切れたりしていたい
  • 母体のストレスによって母乳の出方に影響が出る
  • 母乳の出には個人差がある
  • 乳房マッサージなど準備が大切

だそうです。ふむふむ。
よく聞く、ミルクのほうが腹持ちがいい というのは、ミルクには均一に栄養価が含まれるため、消化に時間がかかるから というのを聞いて、納得。泣かないのは良いけれど、赤ちゃんの胃腸には少し負担なのかもなと考えさせられました。

クリニックの基本方針は「楽しく母乳育児ができるようになる」ということなので、すごくスパルタというわけではありません。足りなかったらミルクを足しても全然OK。だって育てるのはお母さんなのですから。というスタンスで少し安心しました。

ただ、乳房マッサージや乳首のマッサージ、手入れは毎日やる事!だそうです。

今は病院によっては出産まで乳房のマッサージをしないところも多いようです。(お腹が張るのを防ぐため)ただ助産師さん曰く、妊娠中から手入れをしているかどうかでかなり母乳の出が違うのだそう。もちろん張ったら中止してくださいとのことでした。

もちろんここも病院ごとの方針があると思うので確認してみてくださいね。

母乳育児できるといいなと思いつつ、マッサージをしている今日この頃なのでした。

8か月に入り、段々お腹が張る?ような感覚も出てきたので、ゆるゆると過ごしたいと思います。

img_1387

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA