多嚢胞卵巣と妊娠。

今日は妊娠する前のお話を少し。

私は高校生のころ、不正出血に悩まされたことがあります。その時の診断は脳の視床下部から出るホルモンがうまく出ていないとのこと。多嚢胞卵巣症候群の気もあると言われました。高容量ピルを処方され、排卵を誘発することになりました。(クロミッドですね)

その後生理がくるようになったのですが、またしても不正出血。もう高容量ピルは嫌だなと思っていたので、低用量ピルで月経をコントロールすることにしました。かれこれ飲み続けること3年間。生理痛もないし、快適に過ごせていたのですが、ここで膣カンジダにかかりました。その後も再発し、原因の一つとなるピルをやめることに。

そうしたところ、今度は不正出血が。また病院に行くと卵巣に卵がいっぱい育って出てこられない多嚢胞卵巣かもしれないと言われました。とりあえず様子を見てみて、子供ができないようだったら不妊治療を…という話だったため、かなり悩みましたし、結婚する前の旦那さんにも相談していました

本やネットで多嚢胞卵巣を探してみると、主に肥満の人に多いということがわかりましたが、主だった治療法はなく、不妊治療の際には排卵誘発剤を用いるということくらいしか情報が手に入りませんでした。

旦那さんは、子供がいなくても良いよと言ってくれているけれど、できれば子供がいた方が良いよな〜 でも、不妊治療をアメリカでするとなると高額だし、どうなるのか不安だ…と悶々とする日々を過ごしていました。

そんな時に、1ヶ月に1回ほど通っているあんまさんに、「妊娠したら、旦那さんにこういう風にマッサージしてもらいなさいね〜」と言われて、私は子供できないかもしれないんだけどなぁ…と心の中で思いました。

するとそんな私を見透かしたように「私は男だからよくわからないけど、生理不順が治ったってお客さんもいるんだよ〜身体の流れを整えたり、歪みを調整するからかもね」と言われ、本当だったらいいなぁと思っていました。

するとなんと生理が規則的に来るようになり、基礎体温を測ってみると排卵しているらしいことがわかりましたが。

あんまさんに行く前は、漢方を試してみようかなどなど考えていたので、まさか身体のメンテナンスで通っていた、あんまさんのおかげで良くなるとは…ラッキーでした。

また、仕事を変えたことによるストレス減もあったと思います。

まぁ、実は思い込みのプラセボ効果なのかもしれませんが、こうしてベイビーが来てくれたのは本当に本当にありがたいと思います。

こちらのお医者さんに多嚢胞卵巣と診断されたというと、あなたはそんなに細いのに!血液検査はしたの??ときかれました。

全然参考にならないかもしれませんが、多嚢胞卵巣はひょこっと排卵してくれることもあるよ!という例でした。ちゃんちゃん。

IMG_4345_800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA