アメリカ留学中に妊娠。つわりどうする?

さて、私が妊娠したのはアメリカに来てから。

つまり、語学学校のターム真っ只中に現在おります。

旦那さんはグリーンカード保有者。そして私はF1ビザ保有者という異色の夫婦ですが、今後誰かの参考になればとレポートしていきます。

このパターンの情報は全くなく、ものすごく困りました。。皆さん普通は、駐在の旦那さんに帯同するか、それともアメリカ人の旦那さんがいて結婚を機にグリーンカードを取るかという感じなのですね。

今回はビザの話は置いておいて、妊娠初期8割の妊婦さんが直面する「つわり」問題。

妊娠がわかってからというもの、しばらくの間はご飯をばりばり食べ、脂っこいものもなんでもいける!!という感じだったのですが、

ある日ついに奴らがやってきたのです。そう、つわり。

ううう、気持ち悪い、起き上がれない、匂いが無理!!

最初は夕方になるとなんとなーく気持ち悪いなくらいだったのが、がーんと来ました。今思えば6周目くらいが一番辛かったような。

ここで私がしてしまった最大のミスは、情報の漁りすぎ。

育児本の手に入りにくいアメリカでは、情報が足りないのでは!?と不安になるあまり、ネットで情報検索、しかもスマホで。

これが一番良くなかったなと思います。

なぜかというと、つわりは本当に人それぞれ。むしろ体験談をよんでしまうことでなんとなく気持ち悪い状態が人工的に作り出されてしまうようでした。

あと画面酔い。お腹のベイビーがスマホ嫌いなのかどうかはわかりませんが、じっと小さい画面を眺めていると5分も経たずに気持ち悪くなってしまうことが判明。

これを見ている妊婦さん、どうぞお気をつけて。休憩を入れてくださいね。

そんな状態で授業は??というと、

緊張しているのかなんなのか、授業中は意外と平気。スマホ禁止だったのも良かったのかもしれませんね。

ですが時折トイレに行きたい…となることも。

そこで先生方に正直に相談してみることにしました。

全員女の先生というのもあったのか、とても喜んでくれ、いつでも辛かったら教室出ていいからね!と言ってくださったり、健診で抜ける時は宿題を予め教えてくださったり、サポートしてくださっています。超優しい。。

そしてつわりで一番辛い時期はなんと祝日と重なりました。これまたラッキーでした!しかもこの祝日にプチハネムーンに出かけましたが、もちろん撃沈。げっそりしつつ祝日を過ごしたのでした。良いところだったので、また行きたい!!プールで泳いで美味しいもの食べたい!!

 

さて、最後にアメリカにいて、しかも日本から来たばかりで、つわりで何食べたの?といいますと…

 

フルーツです。

フルーツだけは日本と同じレベルで美味しいので。。

あとはケロッグコーンフロスティーと、プレミアムクラッカーと…

あとはおにぎり!!これだけはなぜか食べられました。お米最高。

というように…

ちまちま食べられるものを食べていました。台所に立つことはほぼできないのが辛いところです。

ポテチとコーラ!というのを勧められたりもしますが、私は気持ち悪くなりました。とくにポテチ。

人によって本当にさまざまだなぁと感じる日々です。

ちなみに今は食べづわりなので、食べられるものの範囲が広がってきました。日本から救援物資も届いたので、雑炊やそのまま食べられる小魚に興奮しています。日本の食べ物ってなんでこんなに美味しいのかしら…

今食べたいのはそうですね、魚介類。おいしい焼き魚が食べたいです。

そんなこんなで過ごしています。

ああ、SEIYUのみなさまのお墨付きの 食べる小魚 美味しいなぁ。食べすぎると気持ち悪くなっちゃうんだけどなぁ〜

とぽりぽりする午後なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA