留学までの道のり。その④学校に送る書類を揃える。

留学したい!と思ってから本格的な留学準備をしたのは、結婚式が終わってから。

つまり3月に学校見学に行って、10月に結婚式をして…見学してから半年以上経ってからでした。

そのころには留学したい!という情熱もすっかり冷め、また結婚式が終わって燃え尽き状態。

準備なんてめんどくさいよ〜とごねる私に、旦那さんが必要な書類リストを作ってくれました。

  • 学校の申し込み用紙
  • shippingや手数料の振込用紙
  • 銀行預金残高証明書
  • 戸籍謄本
  • パスポートのコピー

まずは学校から入学許可証 ( Iー20)なるものを貰う必要があります。その準備のための書類たちです。

まぁ、いちいちお金がかかることかかること。

パスポートは本籍地を写したため、変更申請をしました。市役所の出張所で戸籍謄本をとって、さっくりできました。

そして銀行の残高証明書。アメリカに行くのに十分お金がありますよ〜という証明書。銀行窓口で申請できます。UFJだと英文のものが日本語のものと同じ価格で貰えるので便利!

2週間後くらいに送られてくる、または後日窓口に取りに行く必要があるので、早めに申請しましょう。

学校の申し込み用紙は基本的なことを書いたような…そして旦那さんに添削、もといほぼ書いてもらったA4一枚の簡単なエッセー(なんで英語を勉強したいのかとか)を同封して、学校へ送りました。

こうやって書くと短いですが、市役所に行ったり銀行に行ったり、以外と手間!!また平日休みのある仕事だったので助かりましたが、これが土日休みの仕事だったらと思うと…大変ですね。

そうこうして、なんとか学校から返信が来て、 I−20を無事にもらうことができました。

(この間学校からのEメールが帰ってこない!という事案が発生。何度も辛抱強く催促したら、担当の人が変わり、返ってくるようになりました。よかった。)

旦那さんや、留学に詳しいお義父さんに力を借りつつ、もう無理だー!と投げやりになる私をなだめてくれた母、みんなのおかげでなんとか書類を準備することができたのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA