べにや民芸店に行ってみた。

今日はいろんな準備をしつつ、都内に行く用事があったので
ふらりとお散歩。

雨予報がうれしいことにいいお天気に。

さて今日伺ったのは【べにや民芸店】さん。

本でもたびたび目にしていて、さぞかし敷居が高いのだろう…とちょっと構えて行ったのですが、

角を曲がってお店を見た途端
IMG_3719_640

「ここ好きです!」という感じ。(どんな感じだろ…)

なんていうんですかね、とても居やすい。

商品はたくさんあるので、ギャラリーのように緊張することもなく、
けれどそれぞれがうまく調和しているから、目が回ることもない。

きっと店主の方の眼のフィルターを通して、良いと思ったものでなおかつ近しく、
親しく感じられるものを揃えているからなのでしょうか。

もちろん、手が出せない価格帯のものもあります。

けれども、殆どが良い手仕事を、私たち使い手にとって、手に取り良い価格で入れているお店です。

今回目を引いたのはガラス。

吸い込まれるような温かい、けれどもひんやりとしたガラスたち。
だは~とか うわ~とか 心の中で呟きながら一つ一つ見させていただきました。

所用で30分という時間制限があったのですが、なければ一日でもいられるお店です。

村松さんや石川さん、小谷さんや横山さんのものがありました。

というか無知で、小谷派、舩木派すら知らなかったのですが、
お店の方に丁寧に色々教えていただきました。感謝です。
やはり本を読むより、人に習う方が体にす~っと入ってきますね。
誰が作ったのか?というのはもちろんですが、どんな方なのか?というのも気になります。
そういう時はお店の方に質問。 ほ~っと思う物語があったります。
IMG_3721_640

結果…どちらも好き♡

だって、どちらもとても素敵なのです。4歳からガラス細工を好んでいたため、
ガラス=素敵 というのは刷り込まれているようですが、

それぞれ、ひとつひとつのモノに向き合うのが好き。
IMG_3647_640
これは石川昌浩さんの丸壺。ほんと美味しそうなはちみつ色。

その中でも特に好きなのは、小谷さんのガラスと、石川さんのガラス。
でも今回見かけた村松さんのクリアーの花さしも、ものすごく素敵でした。
(写真撮り忘れた…)

背丈も、口の空き方も絶妙。今度手に取る機会があるといいな。

他にも、焼き物、漆器、紙モノ、カゴ…本当にいろいろなものを見させていただきました。
益子焼の展示もやっていましたよ。荷物に制限がなければ…くうう(お財布も)

店内のお花も素敵でした。
IMG_3720_640

民藝屋さんというと、何となく、椿、水仙…といったイメージですが、

チューリップがふんわり活けてあるのも、ああ良いなぁ…と思った要因です。

私にとって、お店のお花というのは結構重要な位置にあるらしい という事がわかりました。

やはり人の手で、自然のもの(土、木、草などなど)を使って作られたものには、

花が似合いますね。

ああ、楽しい!

今日はいい夢見られそうです。

お近くに行かれた際は、ぜひ覗いてみてくださいね。

〒107-0062
東京都港区南青山2-7-1 ホームズ飛騨1階
Tel 03(5875)3261 Fax 03(5875)3262
午前10時〜午後7時(水曜定休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA