幸せとは。

ここ数日、少し不思議な気持ちになっていました。

人を羨ましいと思う 思いすぎる。

少し興味を持って覗いてみると先達たちがわんさかいて、自分のやっていることは無意味なのではないか?とか、羨ましい…と思う。

羨ましいと思って、それを元に頑張れるというのなら良いと思うけれど、どうにもそうでない。

羨ましい…羨ましい…とまるで、千と千尋の神隠しに出てくる カオナシ のように底なしになって、苦しくなってしまう。

ここでこの羨ましい に負けてしまうと、もうやめた!となって続かない。

まだまだ伸び代があるのに、勝手にツマラナクしてしまう。

心がそれに囚われてしまうのは勿体無いのになぁ…と悩んでいました。

そんな折、ご縁があって憧れの人とお話しする機会がありました。

その方が、朗らかに、けれどもはっきりと

『待ってくれている人のために、私はただ一つ一つ籠を編むだけです。』

とおっしゃったのです。

数日経って、ジワジワこころに広がりました。

そっか。他のことや人は置いておいて、やるべき事をやっているのだ。と。

たぶん、その道の名人と呼ばれる方は、そうなのでしょう。

だから、一つ一つがあんなに美しく、力強いのかとハッとしました。

使い手のことまで考えて作るから、優しく使い良いものが出来るのでしょう。

頭が下がりました。

少し息を整えて、また頑張ろう。そう思いました。

美味しいご飯をお腹いっぱい食べて。

お風呂に入って。

暖かい布団で寝て。

時折花を愛でる。

そして好きな仕事をする。

なにを羨ましがることがあるだろう。

蝋燭を見ながら、祈るように考えたこと。

日々に感謝し、叶った 幸せをたくさん集めよう。そんな風に思うのでした。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA