山の恵み。

IMG_3559_640

中川原さんのあけびかごを手にしてから、一ヶ月ほど経ちました。ほぼ毎日連れ歩き、森でも街でもコロンとしたフォルムは、私の心を和ませます。

IMG_3560_640

丹念に編まれたかごの造形美はもちろんですが、一ヶ月使ってみて良いなぁと思う点を。

IMG_3561_640
それは、あけびの蔓本来の美しさ。森でたまに拾う、美しい小枝のような、あたたかで魅力的な質感です。

ああ、きみは山から来たのね。と感じる。

ヘビーユースしているため、乾燥したところに持って行ったり、森に置いたり…少しずつ外の皮が破れて中の象牙のような芯が覗くのも美しい。

ところどころ墨のように黒くなっている薄皮が、鈍く光って…ずっと見ていたくなる。

P2090092_640
こうして森の中に置くと、驚くほどしっくり。きっと、このまま置いていたら、森に還るのでしょう…自然から来たものだから馴染むのかもしれません。

出かける時、ぽんぽんっとお財布など最低限のものを持って出かけられるのも良いところ。嵩張らず、仕事中もちょこんと机の上に座っています。

ほんと猫みたいな存在感。

中川原さんの丁寧な仕事が、森の恵みにまた新たな、生き生きとした命を吹き込んでいるのでしょう。

また、このカゴは素敵な優しい人との出会いも運んでくれました。
心あたたまる手紙を読みつつ、感謝して、かごを見ながら眠りにつく春の夜です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA