居心地の良いお店 工芸喜頓。太田潤さんの花さし。

となりのトトロで、庭で遊んでいるメイちゃんが
「ちょっとそこまでー!」と叫んでいる姿が思い浮かぶような暖かな日。

私もお出かけしてきました。ちょっとそこまで…というには少し遠いけれど。

気になっていたオンラインショップの店舗までのプチ旅。
向かった先は、世田谷にある工芸喜頓さん。

なぜそのお店を知ったかというと…

《みんげい》というか 綺麗で、丸くて、おもしろいものが好き。

そんな中出会ったのが、小谷さんのガラスの器。

ぽってり、とろり…おいしそう。そして色が美しい。
実物を見たいなぁと思っていましたが、もやい工藝さんの《小谷真三展》に行きそびれ
ああ、倉敷ガラスを見るのはもう無理なのかしら…と思っていました。

そうこうするうちに出会ったサイト。
民芸の器 日々の暮らし

民芸をオンラインショップで扱うというのは、一つ一つ商品の顔が違うため、なかなか大変。
また、大量生産品でもないから、商品の更新も手間がかかるし在庫管理も大変…それでもとっても素敵なオンラインショップを営んでいる。どんな人がやっているのだろうと興味を持ちました。
中でもオーナーである石原さんの
「日本の工芸を海外の人にも知っていただきたい」という思いに深く共感しました。

そんな素敵なオンラインショップに店舗があると知り、行ってみることにしたのです。

目的は小さな花入れ。小谷さんのものよりも小ぶりな太田潤さんのガラスが入荷したと知り、事前にお願いしてお店で見せてもらうことに。ラッキーでした。ありがたい。。

渋谷駅から路面バスに揺られること20分ほど。

P3030244_640

桜小学校前で下車。
グーグルマップを頼りに歩くこと2分。
P3030246_640

「目的地周辺です。」とアナウンスが流れるけれど…まだ空いていない様子。すると向こうから自転車に乗った女性が。
自転車を止めるとテキパキとお店を開けています。なんだか落ち着かず、お店の前を行ったり来たりして開店を待ちました。

P3030254_640

どきどきしながら入店…
すると、今までで一番居心地良く、美しい空間でした。
P3030250_640
センスのいい店内。ずらりと焼き物、硝子、漆器などがならびます。
けれどもお花が活けて有ったり、間の取り方が絶妙。
P3030249_640P3030251_640
仁城さんのお椀もありました。ノッティングも素敵。うわー。
P3030248_640
焼き物も心惹かれました。もっと居ればよかった。
P3030252_640
奥原ガラスのペリカンピッチャーだ!良いなぁ・・・
小谷さんのグラスもいい感じ。
P3030253_640
天井の梁がカッコいい。どこまでもセンスあふれる空間。
オーナーさんに声をかけて、商品を見せていただきました。
どれも素敵で、持ってみて、触って、光に透かせて…
はぁ…至福。

念願の小谷栄次さんの花瓶は、シルクロードをはるばるわたってきた頃の
オリエンタルな雰囲気を感じさせる、それは美しい瑠璃のガラスでした。

そうして、あっちをもったり、こっちを見たり…
悩んで決めたのは、こちらの一輪挿し。
IMG_3573_640
太田潤さんのガラスです。このモールの入り具合。光の揺らめき…
IMG_3575_640IMG_3587_640
オーナーさんに、太田潤さんは小石原焼の太田哲三さんの二男として生まれ、もともと陶芸をやっていて、けれど長い時間ろくろの前にじっと座っているのは性に合わず、ガラスの道に進んだこと。

ぷくっとしたフォルムが、少し焼き物の雰囲気を漂わせていると教えていただきました。

私は花を活けてみて、飾って見て、土の匂いのするガラスだと感じました。(あくまでもイメージですよ)

生き物のような感じ。キラキラして、丸っこくて、しなやかで…芯がある。
ちょっと骨太なガラス。

きっと土の匂いがするから、 花とも相性がいいのかもしれません。

おだやかに、やさしく夕方の太陽の影を落とし、みているだけで落ち着く。
冷たくないガラス。

IMG_3570_640
無数の星屑のような気泡を孕んでいます。
再生ガラスを使ったものには、あたたかみを感じるのでとても好きです。
きちんとした枠で作られたわけではない、ゆがみが良い。

部屋の中で、ぽっと灯った小さなランプのような存在感です。

とても良い器と出会いました。

目をキラキラさせながらお話してくださった、笑顔の素敵なオーナーさんの雰囲気と相まって
お店の器もそれぞれ個性的で光っていました。
いつか焼き物も漆もゆっくり見たいお店です。

余計な装飾がないので、器をどう使うか、器を使ったらどんな生活になるかを
ひっそりと自分の中で想像できるお店です。

すっかりファンになったのでした。
オーナーさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA