あこがれのヒト しゃぼうさん

先日図書館に行き、本の海から一冊手にしました。

鮮やかな写真、優しい写真、そして幻想的な写真。
それに加えてやわらかい文章。

たくさんのわくわくがつまった本でした。

「足元の小宇宙」

著者は植物写真家の埴 沙萌(はに しゃぼう)さん

IMG_3209_640

にこやかなおじいさんという感じですが、文章からは植物へのあふれんばかりの愛が伝わってきました。

私自身、森にいることがおおいせいか、うんうん!とうなづきながらあっという間に読み終わりました。

「見ようと思わないと見えてこない美しいもの」それが世の中にどんなにたくさんあるか

私は森から学びました。

それをわかりやすく、写真と文で伝えてくれているのが、沙萌さんです。

沙萌さんの写真には遠く及ばないけれど、

私ももっともっと、ぴかぴかして、ふわふわして…見ているだけで癒される小さな生き物たちを

紹介できるようになりたいなと思ったのでした。

IMG_3185_640

猫柳の花粉。これが「花」だと気づくまで、長い時間がかかりました。

自然の中にはまだまだこういうものがたくさんあるのだと思うと、心から嬉しくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA