花とベース

飾っていた花束が、徐々にへにゃり…となってきたので活けなおしました。

前に使っていたナハトマンの大きな花瓶から、沖縄ガラスのものにベースもチェンジ。

すっきりとして、なんだか背筋がしゃんとして美しい。

こうして切り返し、活けなおすと花も長持ちします。

IMG_3178_640

このべースは高校生のころ、修学旅行先で購入したもの。

大きな花瓶をお土産に買う高校生などほかの同級生にはいませんでした。

最終日には割れないよう、着替えでぐるぐる巻きにしてトランク詰めて持って帰ったのもいい思い出。

IMG_3179_640

高価なものではありませんでしたが、沖縄の海のように透き通った青のような色が気に入りました。
クラックのような模様もうつくしく、窓辺に花を置くと、海の底のような光が落ちます。

国際通りにあるかわいらしいお店でしたが、まだあるのでしょうか…

きっと有名な窯ではなかったのだろうけれど、このシンプルな形と、やわらかで素朴な感じに惹かれたのでしょう。

ベースも好きでいろいろ所有しています。

花瓶!という感じのものも好きですが、ちいさなビオラなどを活けるには大きい。

そんな時に使うのは、こちら。これもナハトマン?

IMG_3230_640

篭のような模様がついていて、厚みのあるベース。もしかしたら小皿だったのかもしれません。

これも光が落ちて美しい。ビロレイ&ボッホやイッタラの小さなベースもよく利用しています。

また、メイソンジャーに活けるのもよりカジュアルになってお気に入り。
ポピーなどはメイソンジャーに入れると、のびのびしてかわいらしいと思います。

下のベースは二本の剣のセールでゲットしたもの。掘り出し物が結構あり、行くと2時間くらい平気で経ってしまいます。

 

花はそれだけで華やかなので、最近は無色のベースを好むようになってきました。

お気に入りのベースで好きな花を飾ると、それだけでそこの空気が綺麗になるような。

そんなことを思いながら今日も花を活けます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA