直らないモノ G-SHOCK

タフな時計の代名詞、G-SHOCK。

私も持っていましたが、何年かするとソーラー電池がだめになってしまいました。

旦那さんもG-SHOCKを持っていて、電池が切れて数年が経過していたそうです。
そこで旦那さんの時計を電池交換に出してみることにしました。

持ち込んだのはビッグカメラ。時計の修理も受け付けています。

そこへ持ち込むとG-SHOCKは耐圧の関係で、CASIOのメーカー修理になるとのことでした。

ただかなり古い型なので、部品があるかわからないと言われ、とりあえずメーカーに送ることに。。

待つこと数週間。

電話がかかってきて話を聞くと

「やはり交換パーツがありません、治せません」との回答。

タフな時計も、型が落ちれば部品はとっておかないのか…と少し哀しくなりました。

やはりG-SHOCKは海などでザバザバ使って、買い換える というのが正しい使い方なのでしょうか。

まぁ、旦那さんが高校生のころに購入したものなので、もう15年近く頑張ってくれたことになります。寿命なのかもしれません。

それでも、まだ使えたらいいなという希望を持って、今度引き取って、小さな地元の時計屋さんに持って行ってみようと思います。

IMG_3047_640

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA