冬を暖かく過ごすひざかけ

ここのところ寒い日が続いていますね。

冷えは万病のもととも言われるように、寒くなると体調がおかしいな…と思う日が増えます。

そんなとき、使っているのがこのひざかけ。
ひざかけ というと何だかレトロな感じですが、ブランケットというには小さい。

IMG_3119_640

丁度椅子に座って本を読んだり、パソコンで作業をするとき、足が寒くならず重宝しています。
これは私が高校生のころに購入したもの。

今思うと渋い高校生ですね。
当時不景気になり、わーっと売れなくなった高級品が出た時期でした。
そんな売れないものを集めて格安で販売するショップがたまたま地元の小さなデパートに入ったのです。
おもしろくて覗いていると、このひざかけをみつけました。

すこしごわごわした手触り、密な羊毛。
いいなぁ…でもストールにするには大きいし、柄も地味だ…これなんですか?と店主に聞いてみると

「目が良いね、それはひざかけでヤコブウールっていってなかなか手に入らない素材だよ。柄が地味なのは染色してないから。お得だから2枚買ったらどうだい?」

と。ヤコブヤギはふっかふかの羊毛で寒い地方にいるヤギだそう。

 

ホントかウソかわからないけれど、当時3000円ほどだったので1枚購入してみることにしました。

あれからかれこれ十何年、いまでも活躍しているとは、当時の私は思っていなかったでしょう。

毛玉になっているけれど、あたたかさは変わらず、むしろ使い古した方がごわごわ感が抜けて
良い使い心地です。

もっと大きいの無いかな…と探してみたら、なんとこのひざかけ、1万円以上していました。
製品表示も全く同じ。疑ってごめんねご主人。大きいのは2万円。。。これがボロボロになって破けるまでお預けです。(あと20年くらいはならなさそうだけど。)

IMG_3116_640

こういう手織物が好きなのは昔から。

そして素材が好きなのも昔から。

もうそのお店はどこかへ移動してしまったけれど、またいつか会えたらいいなと思う冬の夜でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA