髪は女の命?廣島さんの つげ櫛

IMG_2799_512

柘植の櫛 何年か前に大宮の廣島さんのものを買い求めました。
廣島さんは平安時代や江戸時代の櫛を復元して、博物館に納めていたりする凄腕の職人さん。

ご自宅兼工房で一つ一つ丁寧に手作りされています。

 

私の買ったこの櫛は、「夢の櫛」 当時で18000円くらいでした。

学生だった私には大きな買い物でしたが、今でも見るたびに美しさを感じる逸品です。

きめ細やかな刃の一つ一つが美しい、お気に入りお品です。

不注意で濡らしてしまい、いただいた子袋の内側の朱がべったりと櫛に移ってしまいました。

これはこれでいいか…とおもいそのままにしています。

柘植櫛で梳かすと、なんとなく穏やかな気持ちになれて気に入っています。

ま、忙しい朝は寝癖がびょーんと立っていたりするのですけれど。

 

ただ、静電気が起きないと言われていますが、オイルが足らないのか、あまりに乾燥している時期だからか、
たまに静電気が起きるようでわ~っと髪が立ってしまうことがあります。

う~ん解決策を知りたいものですね。

また、買った当初匂いがきつかったのですが、使っていくうちに今はほんのり木の香り。

普段の髪の手入れには椿油のヘアオイルを使っています。(本当は純正の椿油や他のオイルが良いのでしょうか)

そのため、あまり頻繁に櫛にオイルを垂らしたりはしていません。

ただ、冬になったので、そろそろメンテナンスが必要かもしれません。

濡れた髪には使えないので、お風呂上がりにはプラスチックの櫛を。

出かけた際にはこの柘植櫛を持っていっています。

廣島さんの使っていた、鼈甲色の櫛になるにはほど遠いですが、頑張って少しづつ育ててみています。

私の髪ももっと綺麗になるように、もう少し手入れを頑張りたいと思います。

IMG_2800_512

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA