うつくしい道具 強いお箸 輪島の乾漆箸

新年になり、夫婦の日用品を少しずつ揃えています。

日用品の最たるもの【お箸】ですね。

デパートに行ったら、お正月ということもあり、伝統工芸の展示会をやっていました。

そこをぷらぷらみていると…

二人して立ち止ったブースが。

「輪島塗 桂月堂」

IMG_2920_640

泣く子も黙る金沢の輪島塗。

その中でも乾漆という漆を20回ほど塗り強度を増したお箸を購入しました。

今はこのタイプのおわんも出ていますね。金属器とあたっても傷がつきにくいとか。

IMG_2923_640
木地には あすなろ の木を使用。

漆を塗っていないものの香りを嗅がせてもらいましたが、香木?!と思うほどいい香りでした。

IMG_2922_640
旦那さんのお箸は黒。私は赤。私の方が少し短いですね。

使った感想としては、長さはぴったりでしたが、なんだかざらりとした質感が気になるかも…?

丈夫さ、安定感はばっちりです。

使い心地は使い慣れれば気にならなくなりそうでもあり、様子を見つつ使ってみようと思います。20年は使える!と言われたので、またしばらくしたらレポートしようと思います。

夫婦揃いのお箸で、なんだか嬉しくなったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA