綺麗な花嫁姿をつくる 和装編

このホームページに和装 前撮りというキーワードで検索していらっしゃる方がちらほらいらっしゃるので、
今回は和装の事を描いてみようと思います。

和装といっても、花嫁衣装は大体種類ほど。

  • 白無垢
  • 色内掛け
  • 黒引き振り袖

ですね。人によっては、成人式の時に来た振袖を着る方もいらっしゃるかと思います。振り袖は正式には未婚女性の第一礼装であるため、結婚する前に着るのは理にかなっていますね。

では、普通の振り袖と黒引き振り袖はどう違うの?というと、引き振り袖というのは裾を引く、つまり裾が垂れているのですね。

これはあまり動く必要のなかったお姫様などがきていたそうです。十二単と一緒ですね。

白無垢と色内掛けも綿が入っており、かなり重いです。移動中は手でぐいっと裾を掴み、移動するのですが、撮影の終わりには手が痛くなっていました笑

華雅苑さんでの前撮りでは3種類とも着る欲張り撮影をしましたが、一般的な結婚式で3つ着るのはかなり時間がかかります。
神前式の時は白無垢、その後の披露宴では色内掛けor黒引き振り袖 というのが多いかなと思います。

ちなみにヘアスタイルは

  • 白無垢ではカツラ+綿帽子
  • 色内掛けではカツラ+角隠し
  • 黒引き振り袖では洋髪

079_400081_400

でした。

着物を選ぶ時のポイントと言えば…シルエットはさほど変わらないので、色柄です。
色柄でかなり印象が変わってくるので、事前に振り袖を選んだ時の事を思い出すといいかもしれません。
(白無垢は柄が遠目ではほぼわからないため、素材が正絹かポリエステルかで色みが変わります。ちなみに正絹(シルク)は生成り、ポリエステルは純白のものが多いです。あとは好み。私は正絹のものにしました。中々着る機会がないので)

色内掛けは、赤系が多いのですが、稀に水色なども用意がある場合があります。振り袖で赤色がにあった人は赤の方が花嫁さんらしくなると思いますし、そうでなかった方は他の色も試してみてもいいかもしれません。

赤にも色々なトーンがあり、朱色、ローズ系、紅色、少し暗い紅色や赤 などがあります。
小柄で幼く見える人は、朱色が可愛らしく仕上がる気がします。
大人っぽくみせよう!と頑張ると、老けてる?地味?などなることもあるので、しっかり試着しましょう。。(実話)

着物は無理をせず、自分に似合うものを着る綺麗な花嫁姿になると思います。

また、黒引き振り袖にも共通して言えることですが、柄の大きさや刺繍といったこともポイントになります。

よく和装で言われるのは

身長が高い大柄さん→おおきな柄がついているものを着こなせる

身長が低い小柄さん→小さな柄がちりばめられているものを着こなせる

と言われています。これは私の場合ばっちり当てはまりました。
大きな柄を着ると、着物に負けてしまうのです。。小さな柄を着ると不思議としっくり。

どうしても大きな柄を着てみたい!という方は事前に試着の予約をして、事前に試着してみたほうが良いかもしれません。
また、ところどころ刺繍の入っているものの方が、ゴージャスに見えますよ。お試しあれ。

さて、華雅苑さんでは、事前に試着をすることもできるそうです。
ただ、着物の趣味やイメージが元からある、という場合は当日で十分だと感じました。
私は当日決めましたが、色内掛け3枚、黒引き振り袖2枚、白無垢は0枚を試着して15分くらいで決まりました。

意外なことに、旦那さんがはっきりアドバイスをしてくれたので、あまり悩みませんでした^^
また、鏡で見るだけでなく、旦那さんに試着した様子をカメラで撮ってもらい、その場で確認することで客観的に似合うもの を見極めることができた気がします。

ちなみに色内掛けは朱色に御所車と小さな花々。金糸で織りがあったり、少し刺繍があったりゴージャスに。
192_512106_400

黒引き振り袖は四季の花々が染めてあるもの、髪飾りと合わせてパステルカラーにして優しい印象に。
038_512092_400

白無垢は生糸で少しクリームがかっていて鶴が織られているもの。裾が紅いものもありましたが、何にも染まっていないという意味の白無垢なので、あえて白のものにしました。
238_512279_400

ちなみに旦那さんはオーソドックスに黒い紋付き袴です。赤い着物や白無垢と並ぶ時は黒がとても映えるのです。

帯や帯揚げは着物を決めるとメイクさん方がさささーっと選んでくれます。
さすがプロ!という感じで素敵になりました。

メイクさんや旦那さんと相談しつつ、素敵な花嫁姿をつくれますように♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA