宿坊に泊まってみる

宿坊、それは寺社に参拝に来る参拝客やお坊さんの為の宿泊施設。京都も有名ですし、東京では御岳山にも宿坊があります。

先日仕事の関係で宿坊に泊まる機会があったのでレポート。

宿坊は学生時代少し調べたこともあり前々から興味があったのですが、中々敷居が高くて行けませんでした。
だってお坊さんが泊るところでしょ??修業するの??と思っていたから。

今回は修業などもなく、純粋にお宿として宿坊を楽しんできました。

IMG_2751_512

御岳山には御岳神社に村単位で参拝する御岳講が古くから続いています。

大神(オオカミ)さまを祀っていて、農耕の害獣に苦しんできた農民たちにとっては、特に大切な神様でした。

全国の村から、代表した人たちが御岳に訪れます、そのようにして御岳の宿坊は発展していったそう。

今回は一番御岳神社に近い宿坊、「くらや」さんに泊らせていただきました。
IMG_2767_512
広間でごはん。非常においしかったです。基本的にお肉はでません。その分お野菜やお魚がとーってもおいしかったです。
IMG_2759_512IMG_2768_512

天然のアユ…朝ごはんの栗ごはんや刺身こんにゃく、湯豆腐どれも体に優しい味でした。

IMG_2764_512

夜はもちろん地酒 【澤乃井】で乾杯。美味しいけどかなり強いです。ふらふら。
お風呂につかりながら酔った頭で色々考えましたがまとまらず。ぐっすり眠りました。

IMG_2769_512

宿坊でほおおと思ったのは、器。漆器を使っています。部屋にも漆塗りのお盆などなど、きちんと使う、器。好きです。

削れていても、それもまた味。美味しかったな~栗ごはん。

宿坊はシンプル!と思っていましたが、そうであるところとそうでないところがありました。
民芸が所狭しと並んでいたり、部屋はすっきりしていたり。面白いですね。

日本の昔からの暮らしは、そっか、すごーくシンプルというわけでもなかったのかもね。と思いました。

ただ、高価なものでも惜しげなく日常で使うという姿勢はとても良いなぁとしみじみ。

体にやさしいご飯と、静けさ、それが都心近くで叶う場所。御岳山、おすすめです。

 
ただ、美味しいお酒も飲み過ぎはほどほどに。。

帰宅してレモングラスティーを飲み、胃にしみる…とつぶやきながらブログを書いたのでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA