シーリングスタンプ

シーリングスタンプをつかう花嫁さんは多いと思います。

ここでは、シーリングスタンプ作りのコツを書いておこうと思います。
色々なところで紹介されていますので、調べてみるのもいいかもしれません。

IMG_1447_400

用意するものは

  • シーリングスタンプ
  • シーリングワックス
  • 大きめのスプーン
  • 濡れ布巾
  • 保冷剤
  • クッキングシート
  • クッキングシートを抑える重し
  • 非常用の水
  • キャンドル

シーリングワックスは封緘用のものなので直接封筒に落とすと失敗した時に取り除くことができません。

そのため、装飾用に使う分には、大量に作っておいて、特殊ボンドで貼りつけるのが良いと思います。

では、早速作り方を

  1. シーリングスタンプを保冷剤の上に布巾を置いたものの上に載せて印面を冷やしておきます。(これをやっておくとワックスがはがれやすくなり、作業がスムーズにできます)
  2. クッキングシートをひろげ、スタンプを押す場所を確保します。(端が丸まるので重しを載せてまっすぐにしておきましょう)
  3. キャンドルに火をつけ、スプーンを温めます。(火傷しないように濡れ布巾の上からもつといいかもしれません。わたしはプラスチックの柄のスプーンを使いました。)
  4. スプーンが温まってきたら、ワックスをぐりぐりとスプーンに押し付け、ワックスを溶かします。
  5. とかしたワックスをクッキングシートの上にたらします。なるべく同じ部分に垂らします。
  6. 5秒ほど待って固まり始めたら やさしくスタンプをワックスの上に置きます。
  7. 静かに10秒ほど待ちます。
  8. ワックスが固まったらスタンプをはずします。
  9. ワックスをシートからはずし、完成!

最後のシートからはずすのは全部スタンプを押し終わってからでOKです。
スタンプを冷やすのを忘れると、ワックスがスタンプから外れなくなることがあります。。

もし失敗しても、そのワックスをふたたび溶かせばやりなおすこともできますよ^^

 

ワックスは芯付き、芯なし、ビーズタイプがあります。スプーンを使う場合は、芯なし、ビーズタイプが楽だと思います。

ちなみに、色を混ぜたい場合は、色違いのワックスをすこしずつ溶かせば色が混ざります。

ちなみに、ワックスを熱し過ぎると焦げてしまう&燃える場合があるので気をつけてください。

必ず消火用の水を用意しておくのを忘れないようにしましょう♪

最後に貼る時に使用したボンドの紹介を。
コニシのラインストーン等を貼るボンドを使用しました。木工用ボンドだとはがれます。つるつるのプラスチックなどでも留まるものにしましょう。強力両面テープを使うのもおすすめですよ。

デコプリンセスデコレーション用

4915

出典:http://www.bond.co.jp/bond/detail/001690002429/

他の小物作りの時も役立ちました。

火傷に気をつけて、つくってみてくださいね。

なお、ワックスは割れたり、取れたりすることもあるので留意しましょう。
なるべく郵便局の窓口で出すのがおすすめです。(それでも割れる場合もあります^^;)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA