前撮りにも本番にも♪ ボールブーケの作り方

和装の前撮りにぴったり♪のボールブーケ。

手作り好きの花嫁さんにとっては最早常識のようですが、
ボールブーケづくりは楽しいです!
そしてコツを抑えれば売り物のような素敵なものができますよ。

今日はそのボールブーケの作り方を書いていこうと思います。

早速材料を集める!その前に…

どんな着物・もしくはドレスを着たいか想像してみましょう。
それに合わせたブーケをイメージします。pinterestで検索するのもいいですね。

着物の中に入っている色を使うと、統一感が出ます。
逆に言うと、赤のドレスに青など、あまりにもギャップがありすぎると浮きますのでご注意。

イメージを分けてみると

  • オーソドックスな赤系
  • 可愛らしいパステルピンクやグリーン系
  • クールでモダンなネイビーやブルー系

に大別されます。なぜ最初に考える必要があるのかというと、
造花コーナーが楽しすぎるからです!沢山の可愛らしいお花を前に、冷静になるには
【しっかりとイメージをもつ】これしかありません。

IMG_1571_400IMG_1572_400
出典pinterest
またイメージを書いたメモを持っていくとよいと思います。
私も楽しすぎて暴走しそうになりましたが、

「とにかく上品に可愛く!奇をてらわない!!」とメモを持って行きました笑

必要なものは

  • 土台となる球体発泡スチロール(ユザワヤで80円くらい)
  • 造花たくさん(やはり造りのいいものは高いです。その代わり綺麗です。トータルで5000円くらい)
  • グル―ガン(100円均一で手に入ります)
  • 延長コード(100円均一のはコードが短いのでお好みで。私は面倒でそのままプラグに近い壁際に座ってやったので不便でした笑)
  • フラワーワイヤー(造花の茎を作るワイヤー 濃い緑色等が目立たず良い)
  • フラワーテープ(造花をとめる伸縮するテープ マスキングテープでもよいが、こちらの方が使いやすい)
  • 針金を切るニッパー
  • 持ち手の紐(縮緬の布の紐で300円ほどでした)

トータルで6000~7000円くらいだと思います。

ヤフオクでも中古が5000円くらいから、お店のモノだと2万円弱くらいしていました。
なので自分の好みのモノが作れてこの値段なら許容範囲かな?と思います。

ちなみに発泡スチロールの直径は9センチとしている記事を見ましたが、大きめのお花を使う場合かなり大きくなります。
今回のものをもう一度作るなら、8センチでも十分だと思いました。
(そうすると花数も少なくて済みますよ)
IMG_1603_512
今思えば大きかったかもホームセンターで購入しましたが
ユザワヤの方が安かったです。。
IMG_1604_512
これがフラワー用ワイヤー

さて、私の場合材料はこんな感じにしました。
IMG_1605_512 IMG_1602_512
お花を選ぶときに手に持って色合いを見ると、バランスが取れますよ。
また、グリーン系や、実モノの造花を入れると甘すぎずいい塩梅です。

それでは作り方

1.持ち手をとめるワイヤーをとりつけます。
発泡スチロールにゆるく半分に折り曲げたフラワー用ワイヤーの先端二つをを中心を通るように突き刺して貫通させます。

2.貫通したワイヤーの先端を引っ張り、反対側のワイヤーの輪になった部分に持ち手の紐をとりつけます。紐をワイヤーに結んだらワイヤーから外れないようにグル―ガンで固定。ちゃんと手に持てるように紐の長さに注意しましょう。

3.貫通したワイヤーは発泡スチロールから抜けないように、再び折り曲げ発泡スチロールに刺して出っ張らないようにします。その後グル―ガンで発泡スチロールとワイヤーを固定しておきます。

PB181549_512
なんだかわかりにくいのでイメージ図を…

4.次に使用するお花の下準備を。
造花がそのまま発泡スチロールに刺さる場合はそのままでいいのですが、周りにビニールが巻いてある場合、ハサミやニッパーでビニールを剥ぎ、針金をむき出しの状態にしておきます。このとき、針金から外れてしまったら、フラワーワイヤーにグル―ガンでくっつけて、フラワーテープをお花とワイヤーの間に巻いておきます。(アジサイ系のお花や、小さいマム(菊)が取れやすかったです。バラやマリーゴールドは平気でした)

5.発泡スチロールにお花をさす前に、大きいお花の数と同じだけ、発泡スチロールに均一になるよう点を書いておきましょう。(完成時のバランスがよくなります)

6.お花を挿していきます。大きいお花を均等に刺したら、刺した部分にグル―ガンでグル―を流し込み、固定すると安心です。

7.大きいお花が終わったら小さいお花を間を埋めるように均一に刺していきます。一か所から差すのではなく、全体を見ながら刺していくと綺麗にできます。

8.時折、球体になっているか確認しつつ花を足していきます。グラグラしているところはグル―ガンで固定します。

9.最後に全体のバランスを見てOKだったら、飾り紐を追加したりします。

10.完成♪

IMG_1607_512 IMG_1623_512
こんな感じになりました。すこし寂しいので、飾り紐を追加しました。
IMG_1535_512
完成~♪

さて、実際の前撮りではどうだったかというと…
038_512 043_512
黒引き振り袖
192_512 178_400
色内掛け
238_512 248_512
白無垢

持つ向きを変えることで、白無垢にも黒引き振り袖にも似合うブーケになりました。
メイクさんやカメラマンさんにも好評でしたよ^^

製作時間は材料があれば半日くらいでした。

ちなみに、華雅苑横浜ではボールブーケのレンタルサービスは有りませんでした。
(他の店舗、お店では用意があるところもあるそうなので、作る前に聞いてみてくださいね)

お気に入りの小物で、前撮りを楽しく・充実させてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA