花嫁さんの強いミカタ! 担当の方について

ロイストン教会は、あくまでも教会であり、結婚式場ではありません。
口コミの中には、
「式場と同じくらいのサービスは望めない」
「連絡確認が不安」などもあり、

私も自分の結婚式を終えるまで少し心配していました。

 

しかし、実際に式を挙げて、ガーデンパーティーをさせていただいて、
連絡や打ち合わせに関して不安に想うことは全くありませんでした。

むしろ、ロイストンでよかった~と思うことが多いです。

0245_512

というのも、打ち合わせの負担がとても少なかったから!

確かに、担当の方がお休みの事は有ります。
働いている人全てにお休みがあるのですから当然ですよね。。

参考程度に、メールを送って、返事を待ったのは2日もありませんでした^^
しかも、ほとんどの場合すぐに折り返しの電話がかかってきました。
(電話が鳴るとびっくりするので、ドキドキしました…笑)

人数の事などわかりにくいことは、メールではなく直接電話でお話ししてくださいました。

  • まず、すぐに確認したいことはメールではなく電話ですること
  • 訊きたいことがあればその都度きちんとこちらから確認すること
  • 衣装の事はサロン、写真の事は写真室ときっちりわけて打ち合わせしていく
    (事務局が全てを統括して管理しているわけではありませんので注意)

以上を気をつければ、普通の式場のやりとりとそんなに変わらないのではないかな?と思いました。

普通の式場の対応を知らないので、こればかりは何とも言えませんが^^;

 

ロイストンでのガーデンパーティーは、料理メニューもきまっているし、
BGMも希望を聞いてくれます。
(お気に入りの曲を伝えるだけなので選ぶのも手間ではありませんでした♪)
あとは流れの確認や引き出物の確認…
オプションのプランなどもありません。
事務局の方とのやりとりは少ない方だと思います。

 

私たちの場合、さらに

  • 余興は0
  • 変わった演出も0
  • 会場装花も変更なし
  • 写真は写真室にお願いして別途打ち合わせ

 

だったので、早く変えられるゲストの動きの確認や、持ち込み物の確認などが主な検討事項でした。

その他は、自分たちで作ったペーパーアイテムの確認をしていただいたり、
ゲストの交通手段の相談に乗っていただいたり
本当に細々したことも丁寧に相談に乗っていただき安心して当日を迎えることができました。

 

また、担当してくださった方がとても頼りになる素敵な方で、打ち合わせがとても楽しくなりました。
最初についてくれた担当さんが、そのまま式までずっと変わらずにいることの方が稀だそうです。
(式の日に入れる事務局の方が最終的な担当となるため)
この点はラッキーでした。

事務局の方はプランナーさんではないので、やりたいことがあればこちらから提案して相談する
という形が良いと思います。

 

みなさんこちらの要望を叶えようと、沢山アドバイスをしてくださいました。
担当さんがとても素敵で、最後に写真を一緒にとっていただいたのもいい思い出です。

上手く担当の方と連絡をとりつつ、一つ一つ確認しながら結婚式準備をすることで、
きっと結婚式準備がずっとやりやすくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA