めざせクラシカルな花嫁!

私が目指していたのは、クラシカルで愛らしい花嫁!(自分で言うと恥ずかしいですね。。)
というわけで、ドレスを決めてから、色々リサーチを開始しました。
ヘアメイク、といえども、ほぼ毎日ノーメイクで過ごしている私にとって、メイクのことは未知の世界でした。

というわけで、最初はへスタイルからイメージを…
IMG_0622_640
出典:pinterest

挙式はクラシカルな感じが良い!とティアラに。前髪はサイドに流して、知的な感じを出したいと思いました。どちらかというと、挙式の時は、知的でクラシカル、可愛らしさよりも美人系に!!

ヘアスタイルを見つけるのにとても役に立った、
the ウェディングのヘアメイクカタログ
おすすめです!ただ、雑誌に載っているヘアメイクが全て載っているわけではなさそうなので、theウェディングのヘアメイク雑誌も参考になりました。
ミニサイズが持ち運びやすくて良かったです。

次にお色直しで色々迷いました。
もともとダウンスタイルに花冠♪と考えていたのですが、親に不評…(なんだか能天気に見えるわよ?とバッサリ)
職業柄、ローストビーフカットなどもあるし、ダウンスタイルは少し抵抗がありました。(食品を扱うのに髪の毛が垂れているのは気になる)
花を編み込むというのも考えたのですが、小物合わせで見た、ボンネをつかった髪形に一目ぼれ!
IMG_1950_400
奥のマネキンのボンネ使いがとてもキュート

ボンネも、頭のトップに載せるのではなく、バレッタのようにして使うととても品が良い。
クラシカルで愛らしいという理想のイメージにぴったりでした。

IMG_2413_640IMG_2358_640IMG_2040_640
出典:pinterest

シニョンっぽくすると更に可愛い。。
IMG_2036_640IMG_0626_640
出典:piterest

編み込みを入れると華やかさアップ?
というわけで、ヘアメイクリハーサルへ!
参考資料に雑誌の切り抜きや、インターネットで見つけた画像をまとめて持って行きました。
やはり、参考資料は持って行ったほうがスムーズです。準備でバタバタな結婚式1か月前ですが、頑張って準備しました。

担当さんにどんなのがいいかしっかり伝えることが、理想の花嫁像に近づく近道なのかもしれませんね。

もし、どうしても納得がいかないようだったら、担当さんの変更も含め、考えたほうがいいと思います。
ヘアメイクはかなり写真にも残りますし、何より、当日鏡の前でため息…なんていう事態は事前に避けたほうがいいと思います!

また、挙式時のティアラ、ネックレス、イヤリングは借りましたが、お色直しの後の小物類はボンネを含めて自分で用意しました。
これらも全てヘアメイクリハーサルに持って行きました。

そして、挙式の時の髪型はこちら!!
IMG_2518_400IMG_2521_400IMG_2516_400
ロンググローブもつけて、クラシカルな雰囲気に

夜会巻きをベースにティアラを。トップを低めにしてもらいましたが、少しまだ盛りすぎ?
そしてつぎに、お色直し後
IMG_2510_400IMG_2509_400
サイドから編み込みを作ってもらい、後ろは大きめのシニョン

いいかんじです~とニヤニヤ。
メイクは担当さんと相談しつつ、雑誌を元にしていただきました。

やっぱりドレスと合わせてみるのが大事ですね。リボンの長さもかえたりして、イメージをつかみました。

マツエクはかぶれるのが怖いのと、自まつげが痛むのが怖くてできず、
ビューラーでくるんと。(毎日まつげ美容液は欠かさず塗りました)
アイラインは自然な感じで、全体的に作り込み過ぎないようにお願いしました。

結婚式当日では、少しヘアスタイルを変えてもらい、また会場の雰囲気でも感じが違って見えたので、また別の記事を書こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA