ロイストン教会での結婚式 サロンのメイク

サロンでは衣装の貸し出しだけではなく、着付け、ヘアメイクも行っています。
ロイストンのメイクは…というコメントも昔のブログで目にしたりもしていて、正直ドキドキ…

私の中でヘアメイクは最大の課題でした。なぜなら成人式の時にお願いした着物屋さんでのヘアメイクが…まさにヤンキーまたは銀座のママ。多分大人っぽくしてと言ったのが敗因でしたが、ばっちりトラウマになりました笑
ロイストン教会では、ヘアメイクの外部持ち込みはできません。もし外部のヘアメイクを頼むなら、当日ホテルなどでしてもらってから会場入りして着付け、という流れになると思います。
外部でこの人がいい!ってメイクさんもいないし、朝早く起きないといけないのにバタバタするのは嫌だ。。という理由でヘアメイクもサロンさんにお願いすることになりました。
しかし、やはり不安だったので、ヘアメイクリハーサルを別途頼みました。(約一カ月前)
はたして、メイクはどうだったのでしょうか?

IMG_2523_400
後ろに見える沢山のメイク道具の数々。

リハーサル無しだと、美容カウンセリングというヒアリングをしてから本番ということでした。
リハーサル代は特にプランに含まれていないため、割高に感じるかもしれません。

ただ、式前にドレスとメイク、小物まで合わせて、3時間ほどじっくり検討できたので良かったです。髪型についても、ここは編み込みにできませんか?や、もう少しトップは低めに、と細かく調整できました。
IMG_1950_400
小物も合わせます、ボンネ・ティアラ両方可愛い!!
一番リハーサルをやってよかった!!と思ったのが、本番の時に、前のリハーサルからここをできたら変えて欲しいです!とすぐに相談できたことです。リハーサル無しだと、どう変えていいのかメイクさんもわからないですよね。

また、リハーサルをやったおかげで、サロンの化粧水と下地に肌が合わずかぶれるということも事前にわかり、当日は自分のものを使ってもらえました。

化粧水と下地はを変えるだけで、肌はかぶれませんでした。普段使っているものを持ち込むのもおすすめです。

本番に急遽変更したのは、眉の太さ。口紅の色。少し太めだったので、細めにしてもらったら上品な感じになって満足しています。口紅の色はお色直しの時にレッドをすこし強めにしてもらうと、華やかな感じになってよかったです。

肝心のメイクはと言うと

今までの人生の中で一番美人にしてもらえました!笑

これは周りも言っていたので、そうだと思います。

メイクは『清楚、上品、クラシカルだけど愛らしく』というテーマ通りになりました。
オードリー
出典:pinterest
目指せオードリーの愛らしさ!

ヘアメイクは担当の方の力量がかなり大きいと思います。技術もやはり関係あります。私は可愛らしいKさんに担当していただき、歳も近く、イメージをわかってくださったのでとても嬉しく思いました。

当日も口紅の色を変えるとき、私が直前にオレンジではなくレッド系の方がいいかなぁ…と呟くと、サッとレッドの華やかな口紅を出してくださり、『そうおっしゃるかと思って持ってきてますよ^_^』と。心強かったです。

では、ヘアメイクリハーサルのときのイメージの伝え方や、ヘアスタイルはどうだったのか?ということについては、また別記事にてご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA