テーマいろいろ テーマの大切さ2

前回書いたテーマのつづきです。

調べてみてわかったのですが、
まずは幅広いテーマをと思っても、インターネットでランダムに探すにはあまりにも効率が悪い。
それほど情報が氾濫しているし、欲しい情報はなかなか見つかりませんでした。

そこでお勧めしたいのが 本 です。
本は情報料を払って買うもの。いい情報が詰まっていました。
しかもウエディング本は、大抵ずっと持っているものではありません。式が終わったら売りに出されます。
最初は新品本を買ったりしていましたが、中古本でも支障はありませんでした。

紹介する本も大体amazonやBOOKOFFで手に入ると思います。

私がテーマを決めるときに実際読んで参考にしたのは、

    • ワキリエさんのウエディング本
    • THE TREAT DRESSINGのウエディング本

結婚式の準備をしている時に必ず目にするワキリエさん。
海外のウエディングを参考にしたスタイリングはとてもお洒落です。
小物やドレスも素敵なのですが、中でも参考にしたいのはお花や装飾。
T&G系列の会社と提携しているようなので、ワキリエさんのスタイリングのようなものを忠実に再現したい!という場合は
T&Gで検索をかけるといいかもしれません。

そしてワキリエさんの本をお勧めする理由は、それぞれのテーマをビジュアルでわかりやすく見ることができるからです。
クラシカルもマリンテイストもオリエンタルも、イメージをつかみやすいと思います。
すべて本の通りというわけにはいきませんが、最初にテーマのイメージを持っておくとその後の打ち合わせがスムーズにいきます。
沢山の素敵なCRANE社のペーパーアイテムも掲載されています。(とても手が出ませんが…)

Hand Engraved Anchor Greeting Card
Hand Engraved Anchor Greeting Card

出典:pinterest
ちなみに、スマイルウェディングはテーマが沢山、それぞれに合ったキーワードや小物、お花が細かく紹介されています。
スマイルウェディングブックはどちらかというとテーマごとの全体イメージやドレスなどが大きめの写真で紹介されています。
レッスンノートは上記二冊を見ながら書きこんで自分のテーマをつくっていく、というような本になっています。
個人的には『スマイルウェディング』が一番好きでした。小物がいっぱい載っていて、見ていてときめきました。

THE TREAT DRESSINGの本は美しい本です。
海外ブランド(ヴェラ ウォンなど)について知りたい!という花嫁さんにおすすめです。ただ、やはりビジュアル本なので実際に自分の結婚式に応用するというのは少し大変かもしれません。
4bc3c4d1e8e965a172a7f65685f5856b
出典:pinterest

あくまで参考としつつ、自分の好きなテーマをさがして、組み合わせてみると統一感のある結婚式に近づくと思います。
ただ、沢山詰め込み過ぎるとゴチャゴチャするので、潔さも必要。
テーマは2つほどにして、なるべく近いモノを組み合わせると素敵になるかな?あくまで主観です。

たとえば
vintage ×garden
casual ×marine
spring×sweet
のような感じ。

季節をいかしても素敵ですね。

結婚式のテーマ、じっくり考えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA